かちゅーゆーが沁みる夜。

お昼にぼーっとしてたらノックノックこんこん。
出てみたら数ヶ月前にウチのアパートから引っ越しってったymkさん。
仲良くしてた独居御老婦人。上の階に住んでいたおばぁ。
「あいーっ、お久しぶりですーっ!元気にしてましたか?」
「うん、元気だったよー。あんたも元気だった?
 なかなか会えんから頑張ってるかねぇって、気になってたさー。」
何だか懐かしい。おしとやかでちょっとか細い声。そう、こんな感じだったや。
控えめで慎ましく、穏やかな笑顔のナイスミドル(否、良いす古るど、か)。
引っ越し先も近いし親戚のお宅もウチの近くらしく、
たまに寄ってくれてたみたいでようやく会えたさぁと。
そしてほんわりとぬくもりの残るサーターアンダギーを頂いた。
「あんたコレ好きだったでしょう」って。「午前中に揚げてきたさぁ」って。
ふわって軽いんだけど、両手で抱えなければと思うような人肌のぬくもり。
夜になってそれを食べて、胃が重くなって。でもその原因は週末の暴飲暴食で。
何やってんだ近頃の俺は。口ばっかりだ。
おばぁに「頑張ってるよー」って言った自分に「嘘つけっ!」って自戒の念。
d0016019_0262862.jpg
写真は引っ越し前に貰った捨てられない置き手紙。お願いしてた裾揚げのパンツと共に。
チヨおばぁありがとう。今度はボタンが緩んだ上着と三味線持って遊びに行くさぁねー。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-05-24 23:55 | yeah!!meal


<< さつきばれー。 銀杏 >>