<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ありゃこりゃ雑記

 jag blogにもありますが、先週の木曜日にコンペの講評+開示会に出掛けてきました。他者の提案書や模型を見させてもらい、主催者の各案に対する講評を聴くことができたのです。途中間延びした感もありましたが、最後まで主催者として責任もって尽力された様子が話の端々から伝わりました。選ぶ方も大変ですよね。ましてや当落者を交え対面で講評するなんて。準備に関わった皆様、お疲れさまでした、ありがとうございました、また宜しくお願い致します(笑)。
 結果がどうであれ、私たちのチームはやれるだけのことはやりました。その計画地だからこそ成立する意匠、今回の施主だからこそ成立するコンセプト、そして何より私たちチームだからこそ成立する提案内容で。もちろん勉強不足な点もたくさん見つかりました。これはまた次回に活かすべき収穫です。でも一番の収穫は「自信」かもしれません。「あれで良かったんだ」という自信。あとは不足分を補う。かと言って自信過剰になって自惚れたりせぬよう(落選なんだから当然か...)、地道にコツコツと努力すべし、そんな事をもやもや考えてました今週末。
 金曜日は友人の結婚式でいろいろとお手伝い。200人を前にして三味線弾き唄うという貴重な体験もさせてもらいました。結構気持ちが良いもんですな。二次会幹事は良いとして、司会はキャラ違いだとぶーぶー言っておりましたが始まればどうにかなるもんですね。主役の2人を想う沢山の友だちのお陰で朝方まで楽しく過ごせました。マホミソノノリキさんお疲れさまでした。そしてイワオアイおめでとう。
 土曜日は休肝+読書day。やんわり秋だしね。いしいしんじさんの「プラネタリウムのふたご」。先日古本屋で百円で掘り出したもの。気になってたのでラッキー。まだ前半。星に関する言い伝えがいろいろ出てきて興味深い。もっと星座の知識があったらなぁと反省しつつ、楽しく読んでます。
 日曜日は友人宅ガレージにてBBQ。丁度一週間前も同じ場所で。頻度高いですな。家主同様に集う人々がいちいち個性的で楽しい場所。なんとなくここでの自分の役割も判ってきた。次回はもっとスムーズにできるはず。またよろしくなマホ先生。そしてBBQを早めに切り上げて桜坂へ。「踊ろうマチルダ」さんのライブ@別館セルロイド。良いライブだったなぁ。何とも男らしい詞の世界に重ねられる何だか懐かしさを感じさせるメロディ。うーん、「民謡」って呼ばれる音楽に国境は無いんじゃないか。だからこそ「民謡」なのか。そうかそうか。アイルランドもスコットランドもリュウキュウもヤエヤマも、民謡、いいね。あと生音と場の空気もナイスなライブでした。マキありがとね。
 週明けて今日、お仕事励んでたらお久しぶりな方からお電話。とある物件を「親生君にお願いしたい」と。はー、嬉しいなぁ。ありがたいなぁ。捨てる神あれば拾う神ありだ。まだカタチになるかは判らないけど真摯に取組むのです。その他担当の現場はどちらも順調。今週末の打合せ準備も順調。来週の新規プレゼンプランはまだ悶々。あれやこれやといろいろあるけどぷちぷちやっていきます。あちこちで五感を使って生で感じたことを建築に活かすぞう。頑張ろう。

写真は「踊ろうマチルダ」さん@別館セルロイド。ヒロセさんの創る空間、引き算足し算がいろいろと勉強になります。
d0016019_143144.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2011-09-27 23:52 | weekend | Comments(10)

コウモリと、

クラムボンで、洞窟が、歌う、揺れる。
ひんやりたゆたい良い気分でした。
raise up your imagination...うんうんそうだそうだ。
@suigrasさん、主催ありがとうございました(笑)。

コンペーとー、落選の通知がありました。残念さびら。
自分の感覚から生まれるコレだと思うモノコトを信じ、
貫くことの大切さを学びました。
良い夢見させてもらったことにも感謝。

波照間ルーツのガールズとここ最近よく呑み語る。
皆さん聡明で素敵。タカヨミユキマキありがとねー。
んで就寝前の読書は相変わらず「日々ごはん③」。
その後半、内容は高山さんの波照間旅行。シンクロ具合がgood。

あっという間にまに金曜日。颱風ですか。そうですか。
どなたさまにも難事がありませんように。ではでは。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-09-16 02:01 | etc | Comments(8)

JTA機内誌「コーラルウェイ」が家宝になりました(笑)。

友人もっちーから「とぅばらーま大会年表」が郵送で届いた。
早速チェック。いつもありがとね。

とぅばらーま大会 歌唱の部
S45,9,16,@農高グランド,努力賞,森下美奈子(八重高)
S59,9,8,@石垣市役所広場,努力賞,河上美奈子
S60,9,27,@石垣市役所広場,3位,河上美奈子
S61,9,16,@市民会館大ホール,審査無し(歴代入賞者として参加),河上美奈子
S62,10,5,@石垣市新栄公園,2位,河上美奈子
S63,9,24,@石垣市新栄公園,出場者,河上美奈子
H2,10,1,@石垣市新栄公園,1位,河上美奈子
H3,H4,H5,H6,H14,@石垣市新栄公園,ゲスト,河上美奈子

そして父は母を支えるべく車を走らせ白保の海岸へ行き練習に付き添ったとのこと。
その頃僕ら四人兄妹は夢の中。でも幼いながらも、新栄公園で母が一声唄い出せば、
周りのオジーオバーが感嘆の声をあげ指笛を吹くのを聴いて高揚したのを覚えてる。
「あの人は俺の母ちゃんだ」って、何だか恥ずかしくて言えなくて、
今だからわかるけど同じように引っ込み思案な父も静かに聴いてて。
台風の目のような母を持つ僕ら兄妹と、それら全てを包み込む父との素敵な想い出。
「とぅばらーま」には母の、父の、家族の、いろんな想いが詰まってんだな。
そして今夜は毎年とぅばらーま大会が行われる旧暦の8月13日。
ここ沖縄本島で、ひとり夜空を見上げて何思ふ。だ。
d0016019_2332923.jpg
教養も何も無いし、言葉は汚いし、人使いも荒い、
けれどコツコツ真面目によく働くし、面倒見良く情け深い。
まぁ、それで良いんだよな。
2人とも働き者の手をしてるし、何よりこの上ない素敵な笑顔じゃないか。
そんな両親を、僕は誰よりも尊敬し誇らしく思う、というお話でした。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-09-10 23:20 | etc | Comments(5)