<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小さな窓から小さな幸せ

この傘、良くない?
d0016019_14254747.jpg
さてと。。。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-23 14:28 | etc | Comments(3)

深呼吸返せーっ!

今月に入ってからは特に、パラパラ漫画のように日めくりカレンダーがめくられまくってます。そんな中息抜きがてら、バーゲンで安かったのでホールド感クッション抜群のシューズをゲット。先週ひょんなコトから夜散歩の気持ち良さを覚えてて。そして晴れマークの今夜、エクササイズ系のアプリもインストールしていざ行かん。1時間半で6.2kmのウォーキング。写真撮ったりストレッチしたり星を見上げたりであちこち道草食んで。途中夜香木の香りがしたので脚を止めて、深呼吸して嗚呼良い匂い。そして匂いの元を散策。でも待てよ、夜香木はムシムシした夏の夜のイメージなんだけどなぁ、やっぱり見当たらない。復路もまたウロウロ散策してて判明しました。匂い元は見知らぬ他人の家、フェンス越しの物干物から漂う柔軟剤の香り。。。クンクンしながら他人の洗濯物に近づくって、100%pure不審者じゃないか。まいったまいった。
d0016019_8361461.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-22 03:22 | etc | Comments(0)

じゅうるくにち

旧暦1月16日はあの世の正月とされておりまして、
墓前にてうーとーとーして、すぃでぃがふーゆーする日。
去年首里の現場でお世話になったてことで、
石垣のお墓に行くかわりに首里観音堂へ手を合わせに。

父方の祖父についてはいろいろ知っているのだけれど、
母方の祖父は両親が結婚する前には他界していたのでよく知らず。
岐阜県出身で、船大工で、遊び上手で、人懐っこく、情が厚かった。
らしい。遊び好き故に、祖父の葬式の際には愛人や隠し子が何人出てくるか、
たいそう心配だったが、とりあえずその時点で(現時点でも)手を挙げる人はおらず、
残された家族は胸を撫で下ろしたと母が前に話してたのを思い出す。

祖母のことを大切にしてたんだな。きっと。
でなけりゃ岐阜から石垣まで出てくるまい。
なんか親近感湧くなぁ、って当然か。
そんなあの世の祖父に想いを馳せる今日一日。
僕も大切にしますよ、留吉さんのDNA。
d0016019_15563999.jpg
道すがら玉陵のアヤメ科アヤメ属多年草、射干(シャカ)。だと思う。美人さんだねぇ。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-18 13:49 | etc | Comments(3)

聖クララ教会

土曜の夜は、(社)沖縄県建築士会島尻支部さんの主催する、
「聖クララ教会 新春文化コンサートVol.5」へ出掛けてきました。
地元に存在する素敵建築物をもっと身近に感じてほしいとの想いが込められた催し物。
何度もお誘い頂いていたにも関わらず初見であることを後悔させる「美しい」内容でした。
床の冷たさなんて忘れてしまう程、懐かしさで胸いっぱいでホンワカ浄化された気分。

ベリー田舎、石垣島はとぅぬすくにて、土臭ーく育てられ、
「キレイ」や「美しい」とはまるで疎遠な阿呆な餓鬼の頃、
海星小学校6年間の一コマの授業だけは唯一「美しい」ものだったなぁ。
それから全校生徒参加の土曜の朝礼ミサも、大切な時間だったんだなぁ。
なんてことを、あの頃と同じように目を閉じてカノンを聴きながら、
じんわりと思い出していたのでした。

そして会も後半に差し掛かり、映画サウンド オブ ミュージックのメドレーが演奏される。
その時の、後ろの席に遠慮がちに座って微笑み合うシスターたちの笑顔が
それはもう本当に本当に素敵でした。いいもの見れたし、いいもの聴けました。
関係者のみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
聖クララ教会、今度また明るい時間に観に行かねば。
d0016019_140770.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-14 01:31 | weekend | Comments(2)

霞ヶ前田〜経塚

帰宅途中の前田JICA&トンネル付近にて、
スリラーかっ!て言う程の霞がたゆたう中を車で通過。。。
しかしこの雰囲気は滅多にお目にかかれるものではなかろう。
てことで車を降りて、コンデジ片手にふらふーら夜散歩。
d0016019_2391677.jpg
撮れそうで撮れないし掴めそうで掴めない。
何だかなぁ、そうだなぁ、最近アレだなぁ、頭ん中がとっ散らかってる。
自分が自分にフィットしていてないような、霧中で見えてないような。
ということで、いつもより注意を払って様子見、だーな。頑張るけれど頑張らない(笑)。
d0016019_2542290.jpg
あ、仕事の件に関しては決してとっ散らかってはおりません。
ぱっつんぱつんで楽しませて頂いてます。感謝。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-09 02:54 | etc | Comments(0)

世の中狭いねー。

ばたばたと一週間をどうにかやり過ごし、
気分転換にと浦添大公園へお散歩に。
したらば何やら楽しそうな花見の方々が、
こちらへ手を振って一緒にどうですかと来ましたよ。
そですかではではお言葉に甘えてって輪に入ったら、
あららお久し振りねの知合いやお仕事お世話になっておりますな先輩が。
大平にあるアゲハというバーの常連さん御一行様とのこと。
ちゃっかり飲んで、しっかり踊って、ぺちゃくちゃ喋って楽しませて頂きました。
今度はしっかりお店に遊びに行こう。じょーさんありがとうございました。
そして今週も頑張ろ。
d0016019_9441075.jpg
d0016019_9442416.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-07 02:49 | weekend | Comments(2)

それが愛なんです。

小学生の女の子の悩み相談に愛を説く永六輔先生。
ふかーく頷く素敵なお話だったので、以下コピペ。
元ネタはここ。その他の相談も面白い。


好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)

永先生:言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。
例えば、「いただきます」とか元気な声で言っていると、それだけで「あの子いただきますって言ってるな。きっといい子なんだろうな」と思うじゃないですか。「あなたがすき」ですとか、「キミを僕のものにしたい」とか、「世界のどこかで待ってる」とか、そういうのはあんまり効果がありません。
「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。
だから、いっしょの環境にいるときに同じ感動をする場面に出来るだけいっしょにいる。スポーツの応援でもいいです。そうすると、使いあっている同じ言葉にドキンとすることがあって、それが愛なんです。
自分でいうのもおかしいけど、ひとりでご飯を食べてておいしいことないです。ひとりで野菜を食べているときは本当にさみしい。やっぱり家族、好きな人といっしょのほうがいい。二人っきり、まずはふたりになること。きれいな言葉を使いあうこと、きれいなことに感動すること、ふたりで声をそろえて感動してください。

放送タレント 永六輔 先生
[PR]
by chikao_may1st | 2011-02-03 22:33 | etc | Comments(2)