<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大晦日

怒涛の忘念会ラッシュでしたが、うっちんをお供にどうにかやり過ごし、実家に帰省してまったりしとります。家に人がたくさんいるというのはやはり良いですな。そしてこのままゆっくりと年を越すのです。皆様もよいお正月をお過ごしくださいませ。


2010年、自分に正直に生きれた。これで良し。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-31 19:03 | etc

Christmasですね。

可愛らしい妖精さんがいらっしゃいました。
1/10くらいの模型の中の住人からhappinessを。
そして俺からは甥っ子の信乃介に。
きっと大丈夫。つながれhappiness.
d0016019_317442.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-24 03:17 | etc

帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。/高山なおみ

グッと気温が下がったのでシチューを作った。
ニンジンタマネギジャガイモカボチャに鶏ムネ。
カボチャの黄色が程良くとろけて見た目も暖かい。
蛍光色じゃなくて電球色、みたいな感じ。
そんなシチューを食べながら読了。
痛いくらいに素直な著者のエッセーにレシピがちょこっと。
とてもとてもオススメの本です。
原田郁子さんの解説がまた良いのです。
d0016019_146592.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-22 19:00 | yeah!!meal

Take it off

去年の11月、踊りに行くぜ!@県立美術館博物館、
今年の2月、triple bill@新国立劇場、Theater21fes vol.79@SESSION HOUSE、
からだいぶ間が空いて、人生3度目のコンテンポラリーダンス鑑賞@キリ短。
己の感性を身体の動きに託して、そこに在るはずの無い空間を創造する芸術。
うーむ、表現の内容に関しては、解説など野暮であるとの結論に至りました。
観て、聴いて、妄想を膨らませて、五感を総動員して感じるしかありません。

「表現する」ということの可能性を求めて身体を動かし、
解き放たれる歓びを身体全体で味わっている人が、
目の前でまさに踊っているのだということを感じました。

友人がダンスのBGMとして奏でるヴァイオリンも、そんな空気感の重要な要素でした。
フィナーレでは危うく身体が動き出すところでしたよ。
さすがにアイリッシュフィドルでカチャーシーはマズイかなと自粛。
思った通り刺激的な内容でした。mahoiさん、お誘いありがとうございました。

そんなイベントの余韻が残る眼と耳にぴったリンクの表現者、
鳥になったヨンシーさんのPVがもの凄く良いので添付です。
We should always know that we can do anything...
詩の内容も希望に満ち溢れていてこりゃキテます。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-20 10:07 | etc

ティーダの力で、平和を守るんだー。

d0016019_17252790.jpg
大嶺工房前。まじむんも近寄れまい。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-17 17:27 | etc

それはいつも隣り合わせ。

先日の晩のこと。
仕事を終えて帰宅したのが21時くらい。
2件隣のtmrさんちのドアが全開でうっすらと電球の明かりが。
あれ、どうしたんだろ?
とりあえず声を掛けるも、明かりの届いていない奥の部屋からは返事が無い。
買い物かな?まぁ、これまでになかったことでもないからいっか。
んで夕飯済ませて外の植木に水をやろうと出たのが24時、まだドア全開。
これは、、、マズイぞ。この展開は。。。
玄関土間に立って声を掛けるもやはり暗い奥の部屋からは返事は無い。
一歩部屋に上がってこちら側の部屋の電気を点灯。
まだ奥の部屋の様子は見えない。また呼んでみる。やっぱり返事は無い。
あー、ついにこの時が来てしまった。
なきにしもあらずとは思っていたがそれが今夜か。
こんな時はどこに連絡するんだ?
警察か?大家さんか?いやまずは自分で確認しなければ。
うー、ちむわさわさーする。冷静になれ冷静に。深呼吸して自分に言い聞かせる。
すると薄暗い奥の部屋から「くぅーっ、かぅーっ」。
確かに聞こえてきたのは、それは寝息だった。

もうね、膝から堕ちそうでしたよ。安堵とアンドと&で。
あーー、良かった。死んでなくて。今回は。

上の階のymkさんが引っ越してって、ウチのアパートに住む独居老人は2人になった。
tmrさんが最年長で最近からデイケアに通い始め、ホームヘルパーもたまに入ってる様子。
もうひとりのymrさんはまだ元気。たまに仕事にも行ってる様子。
何かの巡り合わせで同じ建物に暮す者として、知らんフリする訳にはいかない。
居なくなってから後悔しないように、もっとコミュニケートしとこ。

ちなみに翌日tmrさんとこの様子を伺いに行くと、
ノブに自宅の鍵が刺さったままドア半開き。
昨晩、あえて音を立ててドアをしっかり閉めておいたにも関わらずだ。
てことで、tmrさんはちゃんと生きている。ホント良かった。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-17 01:51 | etc

長田弘「ねこに未来はない」

ねこには未来がないらしいが、私たちには未来がちゃんとある。
100ページちょいの物語の最後にはとても素敵な結末。
ここ最近続いてる小春日和の空色みたいにぽわんとしてて
そんな空に一筋のきれいな雲を見つけた時のように
とにかく誰かに伝えたくなる素敵な本でした。
おすすめです。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-14 22:26 | etc

鍋と酒と島唄と

金土の連日、友人を招いての拙宅鍋会。
ちょいちょい誰かが家に来るように企むのも良いもんです。
掃除して家も綺麗になるし、誰かに料理を振る舞うのは楽しいし、
お世辞でも美味いと言ってもらえるし、良いコト尽くし。
何と言っても下拵えをしながら飲むビアがたまらなく美味いのだ。
皆の顔を想像してニヤニヤしながら白菜切ってます。むふふ。
nalさんお誕生日おめでとう。tazo船長ミーバイありがとう。
d0016019_1502964.jpg
そして食材が余ってたので妹夫妻を呼んでまた鍋の今夜日曜。
活力鍋の威力にも感嘆しつつお腹を満たした後は、
宮古出身の義弟が歌う宮古民謡と自ら歌う八重山民謡を聴き比べ歌い比べ。
なますぬぐー、なりやまあやぐ、家内和合、あがろうざの宮古バージョン、、、etc
身体のいろんなところから沁み入ってきましたよ。
唄の世界は深いね。心で唄うのだ。よーしよし。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-13 01:11 | weekend

備忘録

stvとそれぞれのハードルについての賭け。
やるしかないのだ。わかっている。

ひばり親子唄会
100歳カマドばぁちゃんのモーヤー。
古武士のような松じぃちゃんの美しき所作。

おんまらん、リーさんの手料理。
海苔巻きの海苔に胡麻や塩を撒く時は、畑に野菜の種を蒔くように。
混ぜご飯を混ぜる時は、美味しくなぁれ、美味しくなぁれと声を掛けて。
料理は愛情、気持ち、想いですって。沖縄のチャングムは久茂地にいました。

DJ MASASHI M@Be GREEN
Don't lose faith. I'm convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You've got to find what you love.And that is as true for your work as it is for your lovers.
そしてカワイイは格好良い、について。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-06 08:15 | weekend

浸かり過ぎ注意。

昨晩のこと。
例の(?)シリコン製のチンする容器で茄子の煮浸しを作ってみました。
そして一晩寝かして今夜の酒のあて。
感想や如何に。
鷹の爪とシリコン臭と濃すぎた麺汁が喧嘩して
もはや茄子の存在は皆無。まるですぽんじです。
なすび君に申し訳ない。次回はちゃんとあなたを生かします。

あ、同時進行の麻婆茄子はちゃんと生かせてました。片栗加減も程良くて。
惜しむらくは大蒜と生姜の微増量かな。甜麺醤と豆板醤はsoo good death.

以上、どうでも良い「foods」カテゴリー新設ネタでした。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-02 02:44 | yeah!!meal