<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

MUSIX2010 沖縄国際アジア音楽祭

「安里屋ユンタ旅に出る」を観てきました、聴いてきました。
言わずもがな(?)安里屋ユンタは竹富島にある安里屋に生まれた美女クヤマが、首里から赴任してきた役人の賄女となるのを断った。という内容(端折り過ぎですねすいません詳しくはいろんな研究がなされていますので検索くださいませ)なんですが、この曲が竹富島から石垣、沖縄本島、日本本土への伝播・変遷の様子を辿る内容でした。

出演者は、沖縄竹富郷友会のみなさん(89歳にして一人暮らし、お粧ししてバスやモノレールに乗ってお出掛けする祖母も含む)、沖縄ジャズ協会+ポール石垣+与世山澄子(OJAがsoo cool!+ゆんたくより心で歌うサックスに、酔う+与世山澄子はモンパチfes以来やはりチャーミングなおばさま)、沖縄市諸見里青年会によるエイサー(腸抉るウスデークの心地良さよ)、青柳拓次(初見でしたがそういうことか道理で良い訳だ)、大工哲弘(貫禄の大取り重鎮)。その他にも音声のみですが、我が敬愛の細野晴臣氏、世界の坂本教授などなど、と私的には超豪華でした。

それぞれのバッグラウンドから生まれ出る「安里屋ユンタ」を共通のテーマにして歌い継ぐ、すばらしい企画だったと思います。ただひとつの唄が、時を経て、人を経て、こんなにも広がるものなのか。そしてこの曲が育まれた地に生まれ育ったこと、いつもの生活のBGMのように島の音楽に囲まれていた事に、今さらながら有り難く誇らしく思ったりして感動感激いたしました。

自分らしく、とか、自分のルーツは、とか。最近になってようやく自分の事を考えるようになってから、八重山古典民謡が結構幅を利かせている事に気が付いた次第です。ふと我に帰ったとき、心を落ち着けて拠り所と成り得るような文化が、しっかり自分の中に存在するということはこんなにも心強いものかと再確認。まずは浅く広く、一生を掛けて深く奥へ。やりたいことが山ほどある。困った困った。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-26 01:05 | etc

ムダなモノをつくるのだ

休日らしく、朝から北へ南へ運転手役。
陶芸、古美術に関わる方々にお会いする事ができました。その中でもかなり強烈な個性の持ち主に出逢いましたよ。宜野座村にて「陶房玄」を構える新城栄伝さんがその人。花器しかつくらないという陶芸家。いろいろとお話を聞かせてもらったのだが、その言葉のひとつひとつがとても刺激的。人柄、個性もさることながら丁寧に手入れされた庭と、工房に併設されたお住まいの内部空間がまた。。。衝撃を受けました。うーん、文章では到底書き表せないけれども、とにかく興味深い方でした。今度は一升瓶持って、泊まり込みでお話を聞きに行こう。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-15 02:20 | weekend

巡る

「島の色 静かな声」
 石垣昭子さんという西表島在の染織家のドキュメンタリー映画。
 飾らず、奢らず、足下を見つめ、本質を貫かんとする、その美しさ。
 これは先日の堀部安嗣さんのメッセージにつながりそうだ。
 今週末、県立博物館・美術館にて上映。楽しみ。
 ↓
「鷲尾和彦」
 上記のドキュメントとは別に石垣さんを撮ってるフォトグラファー。
 なんと、風庵さんとつながってた!!
 ↓
「日々の音色」
 鷲尾さんの日記から、SOURというバンドの曲+PV。
 歌詞に込められた素敵なメッセージとその世界を見事に映像表現化したPV。
 映像に感心して、歌詞の世界に感動して、逢わせて観て感嘆。何度もリピート。
 じわじわ胸に沁みてきて、あったかくなります。すばらしい。そしてまた緩む。
 いかなる争い事も、コレを観れば解決するのではないかと想う。
 すべての違いを受け入れたら、世界をつなげる愛と平和。
 ↓
「文化庁メディア芸術祭」
 先月東京へ行った際、新国立美術館で開催されてて観てきました。
 んで上記の「日々の音色」のPVがエンターテインメント部門で大賞をとっている、
 ということを今日知った。その日はすれ違ったけど、ひと月後の今日、出逢うことに。
 

 あちらこちらに点在する自分の興味が、あれよあれよとつながって環になったような。
 不思議な巡り合わせを感じたので。
 
 

More
[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-11 02:10 | etc

三寒四温てか

d0016019_18113833.jpg初花凛々。
今日は朝から気分が良かった。4年前のあの日、浜辺で採取した種が成長し、初めて花を咲かせたのを発見したから。小躍りですよもう。
葉形から「マンリョウ」だとずーっと思ってたんですが、花から調べてみたらば「セイロンマンリョウ」であると断定するに至りました。はい。ケイムフロームすりらんか。今度は実が付くのを楽しみにするんです。
4年間、長いようであっという間。自分はどれだけ成長できたのか。。。うーむむむ。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-05 18:19 | green green

親密なスケール、親近感、馴染む、、、

堀部安嗣氏の講演会「風景と時間とともに」を聴いてきました。
講演のイントロとして、全盲の方々が考える・イメージする「美とは何か」についての話し。視覚を使わずとも美しさを感じる→情報量の多さに身近なところに宿る美しさを忘れていないか、という投げかけ。目新しさを求めるのが建築ではなく、既にあったモノの良さを顕著化させる役割を担っているのが建築ではないか、という考え。世の移り変わりの中で誰かの拠り所となるような良い建築は「創造:create」ではなく「想像:imagination」から生まれるのでは、という件では、くりえーたー、でざいなー、などという単語が流暢に出てこない僕は心の中で首を大きく縦に振ったのでした。

先月東京青山で「DIALOG IN THE DARK」を体験してから、視覚を使わないことや触覚について悶々考えていたこと。それから敬愛する弥太郎氏の「今日もていねいに」に通ずるあたり前の暮らしに対する感じ方考え方。そして日々図面を描き現場に出てカタチのあるものをこしらえることに携わる、仕事としての建築。

頭の上でぽわぽわしていたものをガムテで一括りにしてもらった感じでした。まだ整理できていませんが、もうしばらくいろいろ考えてみます。いやしかし、というかやっぱり、素敵だったな堀部さん。今思えば、あの作品集にもしっかりと人柄が出てる。帰ってからまた見返そう。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-03 19:57 | etc

日曜夕方自宅AP2Fより

d0016019_1212675.jpg

[PR]
by chikao_may1st | 2010-03-02 01:17 | weekend