<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リンク

今年のファイブはちょいと違う。

ファイブブログ
[PR]
by chikao_may1st | 2009-01-22 14:51 | etc

authentic!

d0016019_20332093.jpg友人の紹介で沖縄美術界の大御所の方とお会いすることに。人間のスケールが大きすぎてタジタジでしたが、物事の本質を射抜かんとする言葉の一つ一つがホントに刺激的!かなり貴重な体験を得ることが出来ました。タカそして匠斎庵の皆様ありがとうございました。そして帰りは八重岳に寄って桜見。夕日に暮れなずむ伊江島タッチューを見ながら、桜の花を浮かべたビアーをぐびぐびぐび。これまたご馳走様でした。
素敵な出会いと初日の出かと見紛うほど綺麗な夕日に桜にビア。年末年始は殆ど外に出なかったので、ようやく年が明けた感じ。良いリフレッシュになりました。
人とのつながりは大切に。
[PR]
by chikao_may1st | 2009-01-19 20:24 | etc

訂正

工場見学後もしばらく素材の選択に関しては慎重になり、知合いの木工所主などにナラタモ練り付け合板の渋・カビについて意見収集しました。
結果、前回の記事について訂正する必要が出てきました。
まず、カビではなく渋とのこと。そしてその原因は天然のナラ材に含まれるタンニンという成分が渋となって表出するとのこと。またこの成分はタモ材には含まれていないため渋が出るのは天然のナラ材を用いた合板に限るとのこと。
タモでも渋が出たという報告は出所が曖昧で信憑性も薄い事から、より経験豊かな職人さんの意見を参考にしました。それから、渋が出るきっかけとなったのは接着剤が変わってからなので、接着剤を使わないフローリング材や無垢材ではナラであっても渋はありません。
ということで、今回のプロジェクトでも図面の指定通り、天然タモ材での家具造作でいくことに決定しました。
反省。柔軟性は必要だが、ぶれるのは良くない。
[PR]
by chikao_may1st | 2009-01-15 09:36 | U-proj

見学

d0016019_18532695.jpg
造作家具の素材を吟味するために卸問屋さんへ。図面ではタモ材を指定しているのですが、この素材が天然素材の特性上、渋やカビが自然発生する(合板の場合です。無垢材やフローリング材については聞いたことはありません。)との報告を受け、ならば、と見学です。以前は渋やカビの問題はナラだけだったのだが、タモもですか。
この渋カビ現象はシックハウス対策で合板に用いられる接着剤の規制が厳しくなり、規制に適合する弱い接着剤を使うようになって見られるようになったとのこと。てことは、接着剤が弱くなってようやく木が呼吸し始めたってことでしょうか。素材にとっては良いことなんだろうけど、如何せん見た目が。。。
結果。メラピーは粗い。ヒバは無表情。センは無塗装の製品が無い。ナラは渋カビ発生。レッドオークも同様。シオジは大丈夫とのこと、表情や家具以外の造作材との相性もまあまあ。いろいろ見て学べました。
感想、離島は不利。もっといろんな素材があると良いのに。
[PR]
by chikao_may1st | 2009-01-09 18:58 | U-proj

はじまり、はじまり。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

引続きドタバタしそうですが
目標を見失わないように
足を踏み外さないように
気合い入れて前進するのみ。

いくどーっ!!
[PR]
by chikao_may1st | 2009-01-05 18:22 | etc