<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

また格子ネタ

d0016019_1863884.jpg

先日、格子の塗装をしている工場に行ってきました。粉体塗装(パウダーコーティングというらしい)の施工の様子を初めて見学。液体の溶剤を吹付けるのではなく、静電気を流して粉体を吹付けその後焼き付けることで塗りムラや塗り残しの無い丈夫な塗膜が生成されるそうです。有機溶剤(シンナー)を使わないので環境にも良いとされています。仕上がりも綺麗で、良いこと尽くしな塗装ですな。
その格子、今日の工程会議後に現場へ行ったら取付けられていました。シンプルで上品な感じです。明日は足場が撤去され、いよいよ外観が現れます。一年前よりもこんもり大きくなった街路樹と絡んで、通りを歩く人にどんなイメージを与えるのか気になる所です。通りの人の表情を観察してみたい。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-05-26 18:35 | I-proj

写真

d0016019_8262580.jpg10日程前、外部塗装の前に行われた外壁仕上げ「吹付けタイル」の粒の大きさの確認の写真。左側が大粒で右側が小粒。モノを観てやっぱり小粒を選択。大粒だとボコボコ感が出過ぎて気になります。写真は粒の大きさがわかり易いようにモルタル壁に直接吹付けていますが、実際は白い下地を塗ってから吹付けます。昨日はその外部塗装の検査でした。ピンホール(小さな空気穴)などを塗り潰してもらうよう指示して検査終了。
d0016019_8332135.jpg内部は大工さん4人動員で木工事が進んでいます。んで、上を見上げて左の写真。天井換気口の内部に上向きにエルボー(L字型の管材)が取付けられていました。床下の換気を行う床下換気口と同様に、天井上の換気を行う天井換気口もあります。エルボーが取付けられているのは、台風などの際に水が吹き込んでも内部までは垂れないような仕掛け。これは今回の施工会社のオリジナルだと思います。次からは図面に書き込みます。勉強になるなぁ。
d0016019_847236.jpg水廻りはタイルが貼られています。メーカーさん曰く沖縄初出荷のタイル。コーナーがピン角でピシッとしてて、質感はややマットでテカテカせず綺麗です。厚みがあるため職人さんは貼りにくいとぶーぶー言ってました。これくらいは頑張ってもらわないと、と聴かなかったことにします。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-05-19 09:01 | I-proj

仕事です。

d0016019_19502952.jpgd0016019_19505443.jpg
写真は5/2の現場の様子です。床下地が組み上がり、床材(ナラ)をこれから貼ろうかというところ。右の写真は床材の梱包を解き部屋の環境に慣らしているところ、らしいです。初めて聞きました。大工さんの長年の経験からなされる裏技でしょうか。こうすると床の暴れ(乾燥収縮などによる木材の変形)も少ないとのことでした。
d0016019_19592690.jpgd0016019_19594595.jpg
同日夕方は金物屋の工場へ。防犯に関してデリケートな施主の要望で窓に付ける格子が若干多め。そこでボスによる、頑丈なのに軽快な格子のデザイン。そして金物屋さんで製作。特注の格子。左写真のピラミット状のパーツを溶接して組み合わせ右写真の状態に。これを職人技と言わずして何と言おうか。アルゴン溶接の結晶体です。このあとドブ漬け(溶融亜鉛メッキ加工)して粉体塗装を施し完成。いやー、たのしみだ。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-05-09 20:17 | I-proj

私事です。

ゴールデンウィークに貰ったもの。

黄色いバラと霞草、ポロシャツ、オリオンドラフトと山城牛、プラモデルカメラとフィルムとネズミ男汁(内容物は何故かみかん汁)、SOIL&"PINP"SESSIONSのCD、ペアのビアマグ、色鉛筆セット、大人の科学マガジンのプラネタリウムキット、SUSのスパイスケース、FC琉球の初勝利。最後に神戸観音屋のチーズケーキ(これは昨日の晩)。

モノだけじゃなく、気持ちもたくさんもらいました。
本当に、ありがとう。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-05-09 19:29 | etc

Fragrant of garden

今日は降ったり止んだりの優柔不断な天気ですが、昨日はよい天気でした。
中城の「大東の風」にて昼食後、北中城村荻道・大城地区を散歩。あの花咲爺が沢山いるところです。仲村家や中城城趾の近くの同地区は、住民参加のまちづくりが盛んな地区として新聞などにも紹介されていて有名。地域の緑化をきっかけに、歴史の深い共同井戸などを中心にアートや音楽を絡めた地域活動が訪れる人を楽しませてくれます。晴れた春の日のおすすめスポット。
集落を散策していると、良く手入れされた緑化空間が道沿いだけで終わらず、個人宅の庭まで繋がっていることに気付きます。ちょっと奥に入った大城地区公民館もその裏手の公園も雑草一本無い見事な芝生。住民の自主的・主体的な活動でなければこんなに綺麗に維持管理できないはず。一人一人の意識が高いんですね。素敵です。
日頃の住宅設計でも、敷地内にとどまらずその周辺の環境も考慮に入れた計画をしないとね。生涯住む家だから、責任は重大です。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-05-01 14:45 | weekend