カテゴリ:G-proj( 5 )

ピシッと再び

d0016019_19135389.jpgproject-G。内部の壁面です。ややマットな質感の色漆喰仕上げにピシッと切り取られた枠無しの開口部。手前は角がラウンドしていない神保電器のスイッチプレート。写真では黄色っぽく映っていますが床壁天井ともに白い空間。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-10-16 19:25 | G-proj

施主による竣工検査

d0016019_1652797.jpgproject-G。前回は建物の東側の写真で、今回は西側の写真です。そうです。西日対策です。断熱材を挟み込んだガルバリウム合板が張られています。落ち着いた色合いとコーナー部分のピシッとした留めで周辺の空気も引き締まる感じ。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-10-14 17:11 | G-proj

project-Gの竣工検査

d0016019_18385679.jpgproject-G。三度目の登場ですが、もうすぐ竣工です。カテゴリのproject-Gをご覧ください。スタディー模型の個数をアッピールしてますねー。あれを読んで、Five Dimensionに設計依頼すると模型の数だけ追加料金が発生して設計料がどんどん上がっていくのではないかと心配なさった方がいましたが、そのようなことはありません。あれはあくまで「スタディー模型」プランを計画する段階で外観やボリューム、コンセプトとカタチの関係などを検討するための模型で、私たちが建築を考えるための道具になります。このプロジェクトではその模索の期間が長かったため模型も多くなってます。どの段階で、いくつ作るのかは状況によります。1年以上間があきましたが追加説明でした。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-10-11 19:04 | G-proj

さにーでいさーびす

今日はprojct-Gの打合せが行われました。
基本となる構成がほぼ固まってからは、プレゼン図面のスケールも1/100から1/50や1/20になってます。今回の内容は収納や作り付け家具の確認でした。資料には図面だけでなくパースや写真を添えて空間をイメージしやすいように努めます。家具に使用したいつまみの写真も添付です。また実際にお施主様の動作空間を確認し、オリジナルの寸法を積み重ねてオリジナルの住宅を造り上げて行きます。
[PR]
by chikao_may1st | 2005-08-28 12:09 | G-proj

project-G

d0016019_21133691.jpg
4月から取り組んでいたプロジェクトの紹介です。スタディー模型を数えてみると、、、11個!スタディー模型としてはこれまでの最高記録だそうです。ようやく全体のイメージが固まってきました。これから打合せを重ね、照明器具や水洗金具から家具のつまみ(取っ手)などの細部まで話を詰めて、年内には実施図面を描き上げる予定です。綿密な打合せと描き込みのためには、それくらいの期間が必要なんですねー。お施主様も大変です。頑張るです。
[PR]
by chikao_may1st | 2005-07-18 21:13 | G-proj