リンクしてる

先週の日曜日、平和の礎へ行き曾祖父母に手を合わせてきました。平和の礎と平和記念資料館。過去の不幸と現在の幸福を噛み締めながら、公園を散策。公園の中心にある「平和の火」から資料館を見ると、軸線上に資料館エントランスのヒンプンが見えます。平和のともしびを消さぬようにヒンプンで守ってる。空間からはっきりとメッセージが伝わるとても良いプランに改めて感心。帰りに近くのそば屋「真壁ちなー」へ行くと、資料館設計者の一人である福村さんにばったり出会う。うーん、不思議な巡り合わせだ。
そして一週間経った昨日、曾祖父母が竹富島に建てた家が縁で画家の原田泰治さんにお会いすることができた。曾祖父母が90年前に家を建て、その家で24年前に祖父と原田さんが出会い絵を描き、そして昨日孫たちと原田さんが出会う。
運命なのか必然か、いろんなつながりを感じて何かすごいなと思ったので書いてみました。

原田泰治が描く 日本のふる里展 は浦添美術館にて7月30日まで開催。原画の持つパワーはやっぱり違う。原田さんのものすごいエネルギーを感じます。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-07-03 20:03 | weekend


<< 暑中お見舞い申し上げます 慰霊の日 >>