スランプ15

人員が多いのは、コンクリートが固めだから。現場でコン打ちの前にコンクリートの試験をしますが、その項目の一つに「スランプ」があります。スランプの値が大きい程、柔らかいコンクリートということになります(注:柔らかい=水分が多い=弱い、とは限りません)。コンクリートは型枠に流し込んで打設となる訳ですが、固めのコンクリートは型枠の隅々まで行き渡らせるのに、柔らかいコンクリートに比べると時間と労力がかかります。今回の施工会社は、コンクリートのひび割れ防止対策としてスランプ15cmで打設するようにしているそうです。コンクリートの用途や種類によりますが、スランプは通常18cmが多いです。ひび割れの原因はスランプ値だけが要因ではありませんが、防止効果はあるはず。
型枠を叩き、綺麗なコンクリートを打設しようと一生懸命(たぶん)。心のこもった仕事をしてます(きっと)。気持ちが良いです(かってに)。
[PR]
by chikao_may1st | 2006-02-16 19:10 | I-proj


<< サッシの施工図チェック スランプ15 >>