freshness!?

先日、依頼主との打合せで「鮮度」という言葉が。
「建築」と「鮮度」を組合わせて考えたことが無かったなぁ。
軽く衝撃を受けて「ほぇっ〜!?鮮度ですか?」って聞いてしまった。

「建物に新しさが無くなったとしても、いいね!と思える住宅を提案します。」
これは前職場Five Dimensionの大嶺さんの言葉(私的意訳済)です。
久々に思い出して、んだんだ、って頷きました。

そして僕は、誰かに買ってもらうような建築をつくるより、
誰かと一緒につくり上げる建築に関わりたい。
その建築をつくり上げる喜びを分かち合いたい。
などと生意気なことを思ったのでした。

あ、いやいや、ちょっと思っただけですよぅ。
機会さえいただければどんな仕事でも
持てるものを総動員させて誠心誠意尽くします。
そして鮮度を凌駕する何かを提案するのです。
ということで、何卒宜しくお願い致します。

って、なんのこっちゃ。
[PR]
by chikao_may1st | 2012-10-24 23:58


<< Common Woods 冬の森 秋の夜長の敏感風 >>