秋の夜長の敏感風

いつもなら、季節の変わり目ご自愛ください、
なんて書いていたのですが、早々に鼻風邪をこじらせてしまいました。
今はもうぱっちり元気です。皆様もご注意を。
んで秋らしいと思われるあれこれを備忘録。

首里城公園中秋の宴、これは外せません。国宝の方々の唄声演奏に鳥肌でした。
組踊銘苅子、こちらは組踊研修生の発表会。無料だったので空席確認してふらっと観劇。
パンフもしっかりで初心者の僕にとっては十分過ぎる内容。これで無料はありがたいや。
外出はこんなもんか。もっと外に出るようにしよう。

DVD or Gyao! 鑑賞はさくさくと。
「ゆれる」「告白」「サイタマノラッパー1,2」「パーマネント野ばら」
「アウトレイジ」「武士の家計簿」「神童」
「麦の穂を揺らす風」「ヘルプ」「サムサッカー」「人生はビギナーズ」
「シャーロックホームズ」「エスター」「リトルミスサンシャイン」他にもあったような。
収穫はマイク・ミルズ監督の2本。サムサッカーとビギナーズ、これはオススメです。
映像が綺麗で音楽が優しくてシーン中の部屋の内装がカッコウツクシイ。
物語の内容は淡々と進むのですがそれが映画映画してなくてリアルで良かったです。

本は九月頭くらいからのをポツポツと。
「舟を編む」三浦しおん。「スープオペラ」阿川佐和子。
「乗り移り人生相談」島地勝彦。「先生はすごいえらい」内田樹。
そして今日は「火山のふもとで」松家仁之。を読了。これには参りました。

1982年、建築学科の新卒主人公が老建築家のアトリエ事務所に入所し、
建築家先生や先輩所員を通して建築の実務を学んでいく様を描いているのですが。。。
自分にとって内容が現実味を帯び過ぎていて、もちろん時代の違いもあるけれど、
建築とは、建築家とはかくあるべき、的に捉えてしまって、
今の自分と照らし合わせるとおそろしく重量感のある書物だったのです。
 ふぅ。
クラクラしてモヤモヤしたままどうにか仕事を終えました。
帰宅後ジョギングシューズに履き替えて身体動かして汗かいてきました。
とりあえず今出来る事、やらねならぬ事をやるのみだ。
まったく、読書の秋にも弊害ありだよ(そうなのか?)。
気持ちを切り替えて明日に備えます。おやすみなさい。
[PR]
by chikao_may1st | 2012-10-23 00:46 | etc | Comments(2)
Commented by ウエマ at 2012-10-25 01:32 x
秋を満喫されててステキです~。
ついつい食欲の秋に走ってしまうので気をつけなくては
(>Д<)
Commented by chikao_may1st at 2012-10-25 18:10
そっか、美味しいご飯。それも外せませんね。
京都のおばんざいが美味い「あいのひ」って店が最近のヒットです。
土鍋で炊かれた栗ご飯が唸る美味さでしたよー。是非どうぞー。


<< freshness!? ハイ・ホー、ハイ・ホー >>