りずむにのって

お昼休みに久々の
友人からのてるもしもし
歌唄いである彼は
諸事情あって酒も煙草もやめたらしい
そのせいなのかどうなのか
電話越しのその声は
何だかとてもまろやかで
そしてとっても穏やかで
お互いに酔っぱらってぐだぐだで
電話するのが常なので
昼間に聞くその声の
よどみない感じが新鮮で
酒とか煙草とかでは無い何か
何かを乗り越えて彼はまた
次なる場所へすすすっと
俺をおいて行くのだなと
そんな事を思ったのでした
d0016019_2383724.jpg
押し付けがましいりずむもどうかと思いましたがついつい。
素敵な言葉が沢山詰まったこの本を読んで何となくそうなってしまいました。
さらっと読めるけどぱたんと閉じずにもう一度はじめから読み返してしまう本です。
ようちぇけら。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-12-03 02:19 | etc


<< OPEN HOUSE もろもろ >>