りずむにのって

お昼休みに久々の
友人からのてるもしもし
歌唄いである彼は
諸事情あって酒も煙草もやめたらしい
そのせいなのかどうなのか
電話越しのその声は
何だかとてもまろやかで
そしてとっても穏やかで
お互いに酔っぱらってぐだぐだで
電話するのが常なので
昼間に聞くその声の
よどみない感じが新鮮で
酒とか煙草とかでは無い何か
何かを乗り越えて彼はまた
次なる場所へすすすっと
俺をおいて行くのだなと
そんな事を思ったのでした
d0016019_2383724.jpg
押し付けがましいりずむもどうかと思いましたがついつい。
素敵な言葉が沢山詰まったこの本を読んで何となくそうなってしまいました。
さらっと読めるけどぱたんと閉じずにもう一度はじめから読み返してしまう本です。
ようちぇけら。
[PR]
by chikao_may1st | 2011-12-03 02:19 | etc | Comments(2)
Commented by @mahology at 2011-12-06 03:04 x
今度 lend me that book ;)
See ya!

そうそう 最近お酒もたばこもたしなまなくなってきたよ。
Feelin' goooood!
Commented by at 2011-12-10 11:59 x
感じるままにいきなされ
こころを使って生きるのです
それがことばになるのなら
だれかが紡いだことばより
あなたのことばでききたくて。
(きっと)苦手なんだと思うんだ。
フィルターかけて照れ隠し
フィルター外せないのなら
お掃除しましょうこまめにね
もしくはドンと穴開けて
いい風感じてもらいたい。
君からでているそよかぜも
もっと伝わる筈なのだ
比べてみるのは自分だよ
さっきの自分と比べるの
立ち止まっていたいのか
方向変えてみたいのか
一歩下がってみたいのか
決めるのは「先行く誰か」ではなくて
今の自分しかいないのだから。


まぁ聴きたいのは完全私の方なんです。
そう。言いたいかどうかは全く別の話。
強制するつもりはありませんので御心配なく。
言いたいこと書きました。不快だったらごめんなさい
気になさらず消してくださいね。失礼。


<< OPEN HOUSE もろもろ >>