FOLI "RHYTHM" THERE IS NO MOVEMENT WITHOUT RHYTHM

去年末、国立劇場おきなわで行われた「西表島 節祭の芸能」を観て聴いてきました。
西表島の祖納と干立の両集落で、旧暦の8・9月に行われる正月儀礼の祭り「節祭(しち)」。
毎年同日同時に行われるので、一度に観る機会は滅多に、というのが意義深かったと思う。
ちょうど祖納湾に浮かぶ小島を唄った「まるま盆山節」がマイブームだったので、
本場地方の唄はとても興味深く聴く事が出来ました。

何事も建築畑で考えてしまうので、気になるのはそれが行われる空間。
その行為が、その芸能が、その場(劇場という箱)で、どうなのかしらね?と。
やっぱり、それに見合う空間があって、そこじゃないと伝わらない空気があるよなぁ。。。
んで、実際に観に行って感じるのが一番だ、という結論。

そんななか、場の空気や躍動感がビシビシ伝わる映像を発見。
土埃にまみれて、土地のrhythmに身体を任せ、とにかく踊る。
その土地で、日々の暮らしと共に、そこに在るもの。揺さぶられます。

是非ともイヤホンしてfullvolume+fullscreenで。

Everything is rhythm.
ティン、パン、ブン。
Every step we take is rhythm.
Every word we speak is rhythm.
[PR]
by CHIKAO_MAY1ST | 2011-01-17 21:53 | etc


<< そろそろ戻るか… アフタースクール/監督・脚本:... >>