Take it off

去年の11月、踊りに行くぜ!@県立美術館博物館、
今年の2月、triple bill@新国立劇場、Theater21fes vol.79@SESSION HOUSE、
からだいぶ間が空いて、人生3度目のコンテンポラリーダンス鑑賞@キリ短。
己の感性を身体の動きに託して、そこに在るはずの無い空間を創造する芸術。
うーむ、表現の内容に関しては、解説など野暮であるとの結論に至りました。
観て、聴いて、妄想を膨らませて、五感を総動員して感じるしかありません。

「表現する」ということの可能性を求めて身体を動かし、
解き放たれる歓びを身体全体で味わっている人が、
目の前でまさに踊っているのだということを感じました。

友人がダンスのBGMとして奏でるヴァイオリンも、そんな空気感の重要な要素でした。
フィナーレでは危うく身体が動き出すところでしたよ。
さすがにアイリッシュフィドルでカチャーシーはマズイかなと自粛。
思った通り刺激的な内容でした。mahoiさん、お誘いありがとうございました。

そんなイベントの余韻が残る眼と耳にぴったリンクの表現者、
鳥になったヨンシーさんのPVがもの凄く良いので添付です。
We should always know that we can do anything...
詩の内容も希望に満ち溢れていてこりゃキテます。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-20 10:07 | etc | Comments(1)
Commented by mahoi at 2010-12-22 12:56 x
Thanks for coming out to the event.

アイリッシュフィドルでカチャーシー?
That happens all of the time!  ハハハ
あの時はダンスがメインのイベントでしたが、
演奏がメインの時は迷わず Stand up and jump around!

ヨンシー, Sigur Ros, Violins... テンションアガル!
The PV was spectacular.
The sound, the visual, the lyrics, everything.
Thanks for sharing it.

来年は踊れる演奏者になります。


<< 帰ってから、お腹がすいてもいい... ティーダの力で、平和を守るんだー。 >>