長田弘「ねこに未来はない」

ねこには未来がないらしいが、私たちには未来がちゃんとある。
100ページちょいの物語の最後にはとても素敵な結末。
ここ最近続いてる小春日和の空色みたいにぽわんとしてて
そんな空に一筋のきれいな雲を見つけた時のように
とにかく誰かに伝えたくなる素敵な本でした。
おすすめです。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-14 22:26 | etc | Comments(2)
Commented by mahoi at 2010-12-16 17:28 x
気になる本を紹介してくれて、ありがとう。
以下にresponseの詩を一遍。


一ぴきのねこと
友だちになれたら
ちがってくる 何かが
もっと優しくなれるかもしれない
ねこは何もいわずに語る
はげしく愛して
ゆっくり眠る
きみはねこの友だちですか?

 胸のドアを開けなくちゃ
 ねこが きみの
 こころにはいれるように
 胸のドアを開けなくちゃ

一ぴきのねこと
友だちになれたら
ちがってくる 何かが
もっと自由になれるかもしれない
ねこは生きたいように生きる
ゆきたいところへ
すばやく走る
きみはねこの友だちですか?

 胸のドアを開けなくちゃ
 ねこが きみの
 こころにはいれるように
 胸のドアを開けなくちゃ

心の中にもっている問題/長田弘/晶文社

Commented by chikao_may1st at 2010-12-17 00:33
長田さんの詩、普段使いの言葉で遊び方が巧みな印象。
だからスッと入ってくるし、読み流してて楽しいし。
心地良ーくたゆたうことができて深ーく沁みるのです。

心の中にもっている問題ー詩人の父から子どもたちへ45篇の詩。
コレもまた良さそうですね。その時のために予習しとくかな。


<< それはいつも隣り合わせ。 鍋と酒と島唄と >>