鍋と酒と島唄と

金土の連日、友人を招いての拙宅鍋会。
ちょいちょい誰かが家に来るように企むのも良いもんです。
掃除して家も綺麗になるし、誰かに料理を振る舞うのは楽しいし、
お世辞でも美味いと言ってもらえるし、良いコト尽くし。
何と言っても下拵えをしながら飲むビアがたまらなく美味いのだ。
皆の顔を想像してニヤニヤしながら白菜切ってます。むふふ。
nalさんお誕生日おめでとう。tazo船長ミーバイありがとう。
d0016019_1502964.jpg
そして食材が余ってたので妹夫妻を呼んでまた鍋の今夜日曜。
活力鍋の威力にも感嘆しつつお腹を満たした後は、
宮古出身の義弟が歌う宮古民謡と自ら歌う八重山民謡を聴き比べ歌い比べ。
なますぬぐー、なりやまあやぐ、家内和合、あがろうざの宮古バージョン、、、etc
身体のいろんなところから沁み入ってきましたよ。
唄の世界は深いね。心で唄うのだ。よーしよし。
[PR]
by chikao_may1st | 2010-12-13 01:11 | weekend | Comments(0)


<< 長田弘「ねこに未来はない」 備忘録 >>