四月の風

 日が暮れて薄暗い。石垣の向こう側からは夕飯の支度をする音と匂いが漂ってくる。そんな時間に首里金城町の石畳を散策することになった。昼間とは全く違った表情でこれはこれで良い。ここへ来たらば見なければ、ということで巨木赤木群へ向う。
 巨木前の広場へ入るともう眼を凝らさないと足下は見えない。ふと見上げると高く広がる枝葉の間からまだ微かに青白い空が見える。真っ暗な夜空にキラキラ瞬く星、に見紛う青白い夜空を覆う枝葉の影。ネガとポジ。見方を変えるといろんな世界が広がるものだ。しばらくうっとり見とれる。
 首をさすりつつ足下に注意を払うと今度は巨木の根元に蛍を発見。自然が作り出す光がこんなにも鮮やかで美しいなんて。「LEDのみたいな蛍光色が点滅して,,,」なんて表現しそうになるがさにあらず。何百年も前からこの虫たちは同じ光を放って自己主張してるのだ。チミたち凄いよ。そして石畳をしばらく上がると蔦の張った壁がちらほらと光る。ランダムにあちらこちらで光ったと思ったらフワッと舞って消える。限られた季節、限られた時間内にしか見れない貴重な光。いやぁ、ホント綺麗でした。

 たくさんの人に出逢い、再会した週末でした。「わたくし、あの時にお会いした某です。」これが言えると何とも気持ちがよい。つながりは大切に。そしてその機会を頂いた友人に感謝。ありがとね。

A&W、Boulangerie COUQUES、陶器工房 壹、座喜味城跡、kufuu、からくいや、桜坂劇場、風庵、さちばるまやー、斎場御嶽、金城町石畳、首里城、mogfmona
[PR]
by chikao_may1st | 2010-04-27 19:26 | weekend | Comments(0)


<< 5月5日の北島角子さんと5月9... オススメ。 >>