めも

この曲、ひやみかち節と同じような効用あり。



ふぇーぬかぜがはこぶかおりに
えもいわずこころこがす
やまとぅんちゅはいちころさ そのまえにゃかてねぇ

とけぬしらべかちゃーしによえば
うちなーんちゅのいきもみえるよ
やまとぅんちゅはいちころさ そのまえにゃかてねぇ

きかせてしまのうた かぐわせてしまのかおり

やまとぅぐちはあびらんどー (あどして) 
わなんでぃうちやしらなそてぃ (あささ) 
やまとぅんちゅはいちころさ そのまえにゃかてねぇ

まふぇからうちゅるうささぎに
くくるゆしたるくぬうむい
やまとぅんちゅはいちころさ そのまえにゃかてねぇ

きかせてしまのうた かぐわせてしまのかおり
きかせてしまのうた かがせてしまのかおり
[PR]
# by chikao_may1st | 2015-02-23 13:14 | etc

オトナの修学旅行in京都vol,3

いやはや、間が空いてしまいました。
気を取り直して続きです。やっとこさメインの「桂離宮」です。
では。

受付を済ませて案内職員さんの説明を聞いていざ入場です。
d0016019_75766.jpg
まずはこちら、茅葺き切妻造りの御幸門。門柱はアベマキという樹の皮付き丸太。
d0016019_8214218.jpg
軒先も凛として。
d0016019_751241.jpg
門をくぐって伸びるは御幸道。「霰こぼし」という技法で敷かれた黒石を踏みしめながら。
d0016019_7571410.jpg
茅葺寄棟造りの御腰掛、の軒内見上げ。桁と柱はほぼ同径の皮付き丸太。スレンダーですな。腰掛けた正面には薩摩は島津家から献上された蘇鉄の御山が。
d0016019_758121.jpg
御腰掛を出て向かうは池のあちらに見える「松琴亭」。
d0016019_852655.jpg
途中振り返ると古書院の入母屋が見えます。楓もちらほら色付いて。
d0016019_853610.jpg
そして唐突に松琴亭越しに池をどん。こう見ると池に浮いてるよう。
d0016019_853985.jpg
松琴亭正面から池を見る。
d0016019_854213.jpg
んでまた松琴亭内部。かーさぶるーたすとかでよく見るアヴァンギャルドな襖のカラーリング。
d0016019_855322.jpg
職員さんに急かされます。土橋を渡って次の茶室へ。
d0016019_855676.jpg
土橋の縁の緑苔。
d0016019_872425.jpg
着きましたは「賞花亭」。
d0016019_863670.jpg
その前に置かれた手水鉢。まん丸なのはお月様を模してるとか。
d0016019_864385.jpg
園林堂脇の飛び石。

すべての意匠に計算し尽くされてる空気が漂う。
桂離宮の後半へ続きます。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-12-27 11:31 | jag tour 2013

ナングスクコンペ アンダー40 建築設計競技

d0016019_853826.jpg

ナングスクコンペ、二次審査プレゼン+審査結果発表が先週ありました。僕の案は何の評価もいただけませんでした。残念無念。けれど、他のどの提案より綺麗な建築だったと信じています。思い返せば思い返す程その気持ちは揺るぎません。自分に残念に思うのは、その気持ちをプレゼンの場で伝えることができていなかったということ。誰よりも自分が一番にこの建築の可能性を信じてそれを堂々と熱く伝えるべきだったのに。模型を製作してくれた後輩たちや後押ししてくれた先輩方、応援してくれた皆様には本当に申し訳ない。この悔しさを骨に刻んで血潮に流し肉を蓄えて次の機会を虎視眈々と狙います。
くそう!悔しすぎる!
ここで自分にカツを入れるべく
茨木のり子さんのこの詩を。



自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもがひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


茨木のり子



最後の節はこう置き換えたい。

自分の建築くらい
自分で守れ
ばかものよ
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-12-24 08:39 | 未分類

オトナの修学旅行in京都vol,2

2日目は近場を見て回って、午後からはいよいよ今回の修学旅行の大本命「桂離宮」。はやる心を抑えつつまずは東本願寺へ。
d0016019_1972895.jpg
とにかくデカイ。
d0016019_1973594.jpg
奥に廻って高松伸の参拝接待所。やはり水は大敵。
d0016019_1973882.jpg
移動して西本願寺の大銀杏。樹齢約400年だそうな。まるで榕樹のような枝振りで。
d0016019_1974095.jpg
幼稚園の入園式してましてその内容に触れて宗教建築を改めて実感。
d0016019_1974622.jpg
伏見城から移築された唐門。唐獅子あれこれ。
d0016019_197494.jpg
数寄屋建築の角屋。揚屋と呼ばれる今で言う宴会場であって遊郭ではないと。松の間という大広間に琉球螺鈿などあって思わず見入る。
d0016019_1975189.jpg
濡れ縁の一枚板の幅にうへぇ。2階の扇子の間は時間限定公開のため見れずじまいで次へ移動。
d0016019_1984494.jpg
いよいよです。右手に桂川、左手は桂垣と呼ばれる敷地内の竹を生えたまま折り曲げて作られる生垣。ふっさふさ。
d0016019_1985020.jpg
入場する正門手前の公園。気持ちも高揚(→これを言う為に撮った。。。)
d0016019_199646.jpg
持ってるもんねー。続きます。。。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-11-13 20:00 | jag tour 2013

オトナの修学旅行in京都vol,1

2年前のオトナの修学旅行in九州-熊本に続いて今回は京都です。
5ヶ月前にみんなで頑張って取ったコンペの賞金も美味しく楽しく散財。
studio jagの研修旅行、jag tour 2013、オトナの修学旅行in京都。
あれは10月19〜21日のことじゃった。もう遥か過去のことのよう。
忘れないように写真をアップしておきます。まずは一日目。
だらだらと続く予定ですので、あしからず。

d0016019_21482663.jpg
つい撮ってしまうレンツォ曲線。ご無沙汰しておりました。
d0016019_21483066.jpg
宿泊はこちら。塔の脚部です。
d0016019_21484364.jpg
京都駅から南下して東福寺。京都のもみじは葉が細かいですなぁなんて思いながら通天橋を渡って開山堂の庭園。砂利敷きがこんなに綺麗だとは、ねぇ。箒目とも砂紋とも言うそうな。
d0016019_21484698.jpg
縁高欄の金物と瓦タイルと砂紋。
d0016019_21563015.jpg
お馴染みの方丈庭園北庭の小市松でございます。緑部分はウマスギゴケという植物だそうで。おかかに醤油かマヨネズか。名前の通り美味いのか気になる。
d0016019_21485162.jpg
裸足でぐるぐる走り回って疲れたらぼーっと庭を見る。っていう妄想。
d0016019_21475780.jpg
移動して伏見稲荷大社前の建築。なんだろこれ。
d0016019_2148563.jpg
そして鳥居。途中まで登っての帰路。朱色。
d0016019_21483073.jpg
伏見稲荷大社の参道はスズメの串焼きが有名らしい。この時期はスズメ禁猟なのでこちらはウズラになりますてさ。焼き鳥のタレと山椒の味。
d0016019_2148458.jpg
坂本龍馬ゆかりの寺田屋を見学。そしてさらに南下。
d0016019_21485445.jpg
個人的にこの日のメイン。月桂冠大倉記念館。記念のワンカップを頂いて、できたての月桂冠を試飲して。
d0016019_2148538.jpg
ふらふらーっと近くの黄桜カッパカントリーでおみやをゲット。
d0016019_21485677.jpg
そろそろ腰を下ろして呑みましょう。蔵元が経営する鳥せい本店にて、蔵出し生原酒なる酒と焼き鳥をたいへん美味しく頂きまして、2〜3時間程記憶が行方不明のままです。戻って来い!
d0016019_21485949.jpg
これが魔法の液体。要注意。
d0016019_2149510.jpg
翌朝はいつもより早く目覚め、妙にスッキリした頭で美味しい朝食を頂いて部屋に戻る時にぱちり。手摺や床色がオシャレトロ。
2日目に続きます。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-11-10 21:44 | jag tour 2013

scrap


[PR]
# by chikao_may1st | 2013-08-15 21:45 | etc

しばしのげんじつとうひ







見る人を愉しくさせる、
聴く人を心地良くさせる、
そんな演奏家になりたいなぁ。
建築の。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-03-13 00:56 | etc

幕開けてぱたぱた

早いもので今月ももう残り僅か。
という言い回しは年末限定でしょうか。
いいえそうではありません。
まぁそういうことにして。

去年から決まっていたことではありますが、
今月は大勢の人の前に出る機会が2度ありました。

はじめは第二土曜、地元に帰省して同級生の結婚披露宴。
僭越ながら友人代表挨拶をさせていただきました。
純真無垢なあの頃の思い出を共有できることの素晴らしさ、
東京に住むその友人が地元石垣島で披露宴をすることの心意気。
それらに感動したのもあって、挨拶の〆は八重山民謡の「でんさー節」を弾き唄いました。
友人を祝福する気持ちをしっかり伝えきれた気がします。八重山に生まれ育って良かった。
そんなことも実感できて、とても素敵な結婚披露宴でした。おみー、おめでとう!

2度目は第四土曜、普天満山神宮寺で行われた森田真生さんの講演、
「数学の演奏会」の前座で「月ぬ美しゃ節」を弾き唄いました。
しかも、幼き頃に母の唄声で聞いていたあの歌を、お寺の本堂で、
その母と共に、たくさんの人の前で。今思えば本番直前の心臓バクバクすら心地良い。
OMAR BOOKSの川端さん、今となっては姉貴的存在の門カフェのシマコさん、
あの出会いからこんなことになるとは!本当にありがとうございました。

人前で何かをすることは自分にとっては非日常。
そんな特別な時間を実りあるものにするのは日常の努力。
小さなものの積み重ねが自分を作り上げるということを改めて実感しました。
しっかり目標建てて頑張らねば。言わずもがな人とのつながりも大切に。

その翌日の日曜は友人に誘われていたトレッキング?をしてきました。
沖縄本島の山は初めて、というか山登り自体小学生の頃以来。
当時はそんなおシャンティーな言葉は無かったぞ。
名護市の安和岳、標高432m、往復で約3時間ほどの山道。
岩場を登り詰めて山頂に立った時の気持ち良さはもう!
筆舌に尽くし難いとはこのことか。渉兵、誘ってくれてありがとう。
海より山派かも。眠っていた何かが再び揺さぶられた感覚でした。

んで明日の午後は、すぐ下の妹の結納のため石垣島へ一泊帰省です。
島を出て一時期は兄妹で暮らし、お互いにいろいろあった頃も重なるので歓びもひとしお。
美由紀おめでとう。両親の結婚記念日に重ねるあたり、貴方らしくて素敵であるよ。
いつまでもお幸せにね。

d0016019_1541663.jpg
右手前が安和岳山頂(たぶん)、ぐぅーっと左側に左右切り立つ峰を歩いてきたところ。
俺はちっぽけで山はでっかい、の画。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-01-30 00:48 | etc

2013.1.1

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
d0016019_1034134.jpg
ひょこっと起床してホット珈琲飲みつつとぼとぼ散歩すること数分、素晴しい初日の出を拝むことが出来ました。初心を忘れずコツコツ努力を重ねて飛躍の年にするのです。
[PR]
# by chikao_may1st | 2013-01-01 10:41 | etc

本年もお世話になりました。

今年後半は随分ブログをサボったなー。ということでまとめて記録写真をアップです。
d0016019_9121360.jpg
石垣島出身在沖メンバーでの同窓忘年会。みんなそれぞれの立ち位置で頑張ってる。刺激になりました。姪っ子ちゃんの一歳誕生会。これからも健やかに、大きく可愛く美しく、なぁれと。仕事では新しい現場やプロジェクトも始まりました。
d0016019_9194792.jpg
現場は順調。新たな現場も着工。なんでもない夕陽やふたご座流星群にうっとりしたり。丑三つ時の来客と建築を語ったり。
d0016019_924291.jpg
10月にボルダリングを始めました。もっと真面目に通ってフィジカルとメンタルを鍛えねばだ。中高時代の我らがエースが福岡から来沖。半袖短パンでおでんを囲む同窓会。のーりーのマイホーム計画も承って気合いが入る。そして北中城のOMAR BOOKSさん繋がりで企画展「冬の森」に関わらせていただいた。主催者のシマコさんとの出会いに始まりちょっとした一言から素敵なイベントが生まれて、ものづくりを楽しみ考える素敵な人たちと出会えた。今思い返すとあれは夢だったんじゃないかって不思議な感覚。でも手元にはしっかりシマコさんの描いたクワディーサーの絵が残ってる。一生大切にしたい宝物。
d0016019_9441480.jpg
宮古島へ飛んでお仕事して美味しいもの食べて。佐世保から来沖した大学同期の親友と酒を酌み交わす。古ちゃん、おめでとう。現場も順調。職場雰囲気は滋味な普段着でわいわいと。
d0016019_95068.jpg
そして仕事納め後の忘年会は同業の先輩方や仲間たちと。楽し過ぎて後半の記憶がございませんで、そういコトを来年はしでかさないようにとここに誓いたいと思います。んでボルダリング登り納め後はそれを紹介してくれた渉兵と飲み納め。ありがとう。お互い頑張ろう。んで大晦日は鶏南蛮の年越し蕎麦。これで今年の災厄は断ち切った。来年は飛躍しますぞ。

仕事を通して出会えた皆さま、大変お世話になりました。好奇心を通して出会えた皆さま、ワイワイ楽しい時間をありがとうございました。それでは、良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-12-31 23:55 | etc

Common Woods 冬の森

d0016019_1247151.jpg

 草とか木とか、植物が好きだとは自覚しているんだけれど専門的な知識が有る訳でもなし。これらに対する特別な思想が有る訳でもなし。さてどう書こうかと。したらば幸田文の「木」という本のなかに、あぁこういうことかと頷く一節が。「毎日のくらしに織込まれて見聞きする草木のことで、ただちっとばかり気持がうるむという、そんな程度の思いなのである」と。
 気持ちが潤む。シマコさんの描くクワディーサーを初めて見たときがまさしくそうだった。葉っぱの無い、幹と枝だけの冬の木。あぁあれだ、冬のクワディーサーだ。うんそうだ、でも何だこのジワジワくる感じは。じつはその絵を見るまでは、5月の新緑きらきら黄緑色の葉っぱが好きで好きでたまらなかった。渋滞中の車から見る街路樹の、お弁当もってってランチする公園の木々の、鮮やかで瑞々しい葉。けれどその絵を見て飛び散った。こないだの颱風で木々の葉が吹っ飛ばされたみたいに。削ぎ落とされて、何もなくなって。でもだからこそこれから始まるあれやこれやの可能性に満ち満ちていて。その凛とした姿の美しさに身体のあちらこちらが潤った。うん、ウルった。
  そんなシマコさんの絵がOMAR BOOKSで見れるのだ。そうだ、幸田文の「木」と巡り会ったのもOMAR BOOKSだった。さらに愉快な先輩、PLANTADORの植物もコラボ。その他も多岐にわたって興味深い内容。きっと目耳鼻指先から沁み入ってくるに違いない。OMAR BOOKSの冬の森で、気持ちの潤いを、ぜひどうぞ。


詳細はこちらOMAR BOOKSさんへ。この他にも興味深いイベントがてんこ盛りです。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-11-14 12:47 | etc

freshness!?

先日、依頼主との打合せで「鮮度」という言葉が。
「建築」と「鮮度」を組合わせて考えたことが無かったなぁ。
軽く衝撃を受けて「ほぇっ〜!?鮮度ですか?」って聞いてしまった。

「建物に新しさが無くなったとしても、いいね!と思える住宅を提案します。」
これは前職場Five Dimensionの大嶺さんの言葉(私的意訳済)です。
久々に思い出して、んだんだ、って頷きました。

そして僕は、誰かに買ってもらうような建築をつくるより、
誰かと一緒につくり上げる建築に関わりたい。
その建築をつくり上げる喜びを分かち合いたい。
などと生意気なことを思ったのでした。

あ、いやいや、ちょっと思っただけですよぅ。
機会さえいただければどんな仕事でも
持てるものを総動員させて誠心誠意尽くします。
そして鮮度を凌駕する何かを提案するのです。
ということで、何卒宜しくお願い致します。

って、なんのこっちゃ。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-10-24 23:58

秋の夜長の敏感風

いつもなら、季節の変わり目ご自愛ください、
なんて書いていたのですが、早々に鼻風邪をこじらせてしまいました。
今はもうぱっちり元気です。皆様もご注意を。
んで秋らしいと思われるあれこれを備忘録。

首里城公園中秋の宴、これは外せません。国宝の方々の唄声演奏に鳥肌でした。
組踊銘苅子、こちらは組踊研修生の発表会。無料だったので空席確認してふらっと観劇。
パンフもしっかりで初心者の僕にとっては十分過ぎる内容。これで無料はありがたいや。
外出はこんなもんか。もっと外に出るようにしよう。

DVD or Gyao! 鑑賞はさくさくと。
「ゆれる」「告白」「サイタマノラッパー1,2」「パーマネント野ばら」
「アウトレイジ」「武士の家計簿」「神童」
「麦の穂を揺らす風」「ヘルプ」「サムサッカー」「人生はビギナーズ」
「シャーロックホームズ」「エスター」「リトルミスサンシャイン」他にもあったような。
収穫はマイク・ミルズ監督の2本。サムサッカーとビギナーズ、これはオススメです。
映像が綺麗で音楽が優しくてシーン中の部屋の内装がカッコウツクシイ。
物語の内容は淡々と進むのですがそれが映画映画してなくてリアルで良かったです。

本は九月頭くらいからのをポツポツと。
「舟を編む」三浦しおん。「スープオペラ」阿川佐和子。
「乗り移り人生相談」島地勝彦。「先生はすごいえらい」内田樹。
そして今日は「火山のふもとで」松家仁之。を読了。これには参りました。

1982年、建築学科の新卒主人公が老建築家のアトリエ事務所に入所し、
建築家先生や先輩所員を通して建築の実務を学んでいく様を描いているのですが。。。
自分にとって内容が現実味を帯び過ぎていて、もちろん時代の違いもあるけれど、
建築とは、建築家とはかくあるべき、的に捉えてしまって、
今の自分と照らし合わせるとおそろしく重量感のある書物だったのです。
 ふぅ。
クラクラしてモヤモヤしたままどうにか仕事を終えました。
帰宅後ジョギングシューズに履き替えて身体動かして汗かいてきました。
とりあえず今出来る事、やらねならぬ事をやるのみだ。
まったく、読書の秋にも弊害ありだよ(そうなのか?)。
気持ちを切り替えて明日に備えます。おやすみなさい。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-10-23 00:46 | etc

ハイ・ホー、ハイ・ホー

昨日も今日もそう土曜も日曜もしっかり働いた。
そんな僕やあなたにこの曲を。
月曜の朝も、ほら口笛吹きながら。ハイ・ホー。そしてなんとか依頼を受けた文が書けた。
とりあえず寝て起きたらハイホー言って
読み直してから送信しよう。
そして許可を得たら非公開から公開にするのだ。
遅くなってしまって申し訳ないです。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-10-15 03:03 | etc

2012のソーロン(旧盆)

d0016019_1639173.jpg
今年も旧盆はお休み頂戴して祖父母のトートーメーがある竹富島へ。日差しの柔い午前中は庭木の剪定をガシガシと。それが終ったらシャワーを浴びて、仏壇にうさぎた御馳走食べて、縁側でサンシン遊びでてんとぅるてん。飽きたらやふぁやふぁ〜とチルアウトのお昼寝タイム。
d0016019_1639969.jpg
今年の旧盆のスペシャルイベントは師匠のライブに同伴することでした。ということで初日から三日間、「星のや」さんで唄い遊び。役得でいろいろ見れて得した気分。職業柄学ぶべき事もたくさんありました。新建築に掲載されていましたね。これは実物も一見の価値有りです。反省すべきは人前で歌を唄う技術。当日ご宿泊の皆様にはご迷惑をお掛けしたかもしれません。って、一丁前にアーティスト気取ってんじゃねーよって思った次第です。諸々失礼しました。
d0016019_16273260.jpg
朝の風景。この島で寝泊まりすると何故かしら早起きになります。むくりと起床してさて朝日を拝まなければと自然に身体が動くのです。左は東から上がりたて太陽で、右は西の西表島に沈みゆくお月さま。それはもう、綺麗でしたよ。
d0016019_16274163.jpg
旧盆最終日。脱力する親父の様子をあちらから祖父母が見下ろしております。そして写真右は自分が産まれた日の祖父の日記をパチリと拝借したもの。この日記は父が中学生の頃からしたためられていて、帰省の度にちびちび読んでいるのです。結構赤裸々に書かれていてぅほぇとなったりならなかったり。なんか申し訳ないと思いつつ、まだまだ読み残してるので来年以降も楽しみにしてたり。
 てことでたくさん充電してきました。今度の帰省は正月か。それまで頑張ろう。おう。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-09-09 16:28 | weekend

背中

ついさっき、弁当を買いにいった先のスーパーで。
d0016019_12132734.jpg

[PR]
# by chikao_may1st | 2012-09-03 12:14 | etc

実証された!

 ちょっと前にかつお節には癒し効果があるんじゃないかって書いた
んですが何と京大でかつおだしの効果について研究されてて、癒し効果、というか情動を押さえる効果、があるとの研究成果が出たと。やっぱりな、思った通りだ、ふっふっふ(←偉そうに)。こちらこちらの後半のプログラムの特に9番目。音声アーカイブでもないかな。興味津々だ聴きたい。
 以前友人夫婦宅に遊びにいって朝まで飲んで寝て、友人新妻が作る味噌汁のかつおだしの香りで目が覚めて、うわぁ〜あゎあゎなゎな、ってなったのを思い出した。その香りから発せられる幸せオーラにたじたじになって、食ってけって言われたけど、振り切って断ってそそくさ帰ったのだった。思えば失礼なことしたな。良い薬も時と場合と量によるな。ってありゃ、何が言いたいんだか。。。
 外は颱風15号で風が巻いてる。これから激しくなるのかなぁ、もう室内にいるのは飽きた。観測史上最強ってどんなんだろか。こちとら築40年のアパート。停電雨漏りしませんように。どなたさまにも難事がありませんように。
 あそうだ、三味線で遊ぶことにしよう。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-08-26 18:36 | etc

haha!

結局土日も事務所へ出てダラダラ仕事してしまったなー。
でも金土は楽しいお酒でワイワイ出来たからまぁいいか。
とりあえず、久々の友達のトコ行って顔みて話聞いてもらって話聞いて、
気分転換させてもらおかなぁなんて思ってkufuuへ行って、
ベラベラ喋って俺阿呆なコみたいでも何だかすっきりしてるわって思ってたら
先輩から急遽電話でお誘い頂いて、美味い串を喰らいながら深い話が聞けて喋れて、
酒が連れて来る饒舌な自分と帰り道冷静になった自分との小さいくぼみを埋めるべく
帰宅後独りビア飲みながらの反芻会であそうだそういえばて開いてみたらばこの有様。
あの日あの時あの場所では流石に眼から変な汁が溢れそうになって、
もうどうにかこうにかうつむいて唇噛んで深く息吸って堪えた訳ですが、
いやはやそうかそうですか、こりゃしっかしまいったな。
もう汁も出ないよ、あはははは。

意味が不明でごめんなさい。
それではそろそろおやすみなさい。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-08-21 02:32 | etc

ふぅ。

あれやこれやをこなしつつ、ここ数日は午前サマで作業して、
どうにかこうにかでコンペの資料をまとめて提出できました。
こんな機会が無かったらクニンダのことなんて知る由もなし。
主催に関わる皆さま、お陰様で楽しく作業ができました。
本当にありがとうございました。
あとは一次通過を願うばかり。
ふぅー、ひと区切り。

明日は朝イチで宮古島へぴゅーして「T-house」の見学会案内。
土地が変われば来てくれる人も変わるはず。
いろんなご縁が生まれますように。

てことで、打上げは宮古島で。
こんなときくらいは酒池肉林で、
ちょいとはしたなくてもええじゃないか。
d0016019_17361126.jpg
写真は杯を掲げる李白像後姿@福州園。
さっそくお祝いしていただいて恐縮です。違うか。
李白と言えば、南伸坊「李白の月」が良かった。
酒仙、詩仙、かっこいいな。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-08-10 17:17 | etc

うう。

さてと昼飯は久々にあの店で食おうかと考えていた移動中のこと。
友人がものすごく辛い局面に立たされていると。
その知らせを路肩に停めた車中で聞いた。ものすごく動揺した。
ショックでぼーっとしてたけれどとりあえず動き出した。
少し経ってついさっきまで行こうとしてた店を通り過ぎてることに気が付いた。
同時に腹が減って何か喰いたいと思ってる自分がいることにも。
彼の立場になったら飯なんか喰えるか、と思った。
けれどもその数分後に弁当屋の前に車を止める自分がいた。
なんて薄情な。と思いながらも車を降りて弁当を買った。
そしたら弁当屋のおばちゃんが「安全運転でね」と満面の笑みで声を掛けてくれた。
僕はちょっと伏し目がちでおばちゃんの眼を見れないまま「いただきます」と。
後ろめたい気持ちで食欲を満たそうとしている自分。そんな自分を思いやる他人の言葉。
薄情な自分へのいい訳に「生きるってこういうコトだよな」って思うことにした。
そして彼には今日の僕のように、少しづつでも小さくホッとする瞬間が
たくさん訪れますようにと思うことにした。
言葉になんか出来るわけない。だから明日は顔見に行くから。
元気出していこう。いつでも応援してるから。
そしてすこし落ち着いたらゆっくり呑もうな。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-08-07 00:29 | etc

たーのしかったなー。

先週末に見学会がおこなわれたLO-HOUSE、
昨日水曜日に無事お引き渡しすることができました。
見学会にお越しいただいた皆様、工事に関わった皆様、
本当にありがとうございました。

当然のことですがお引き渡しする住宅に、一つとして同じものはありません。
人が場所が予算が、何から何まで全部異なります。
関わる毎に気付きがあり学びがありお叱りがありお褒めがあり。
今回もたくさんのことを学ばせていただきました。
あのとき感じたあれこれが溶けてなくならないようにしないとな。
d0016019_21152216.jpg
さてさて、これまた有難いことにやるべきコト、やりたいコトがてんこ盛りです。
うへー、ハッスルするーよ。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-08-02 21:17 | project

やーやーやー

今日は(正確には昨日だけれど)ものすごく嬉しいことと、
ものすごく嫌なことが3時間差で訪れた、うーん、な日でした。

前者は担当物件のお施主さんから「親生君、ホントありがとう。」という言葉と握手。
+奥さまの「早くココに住みたーい」の言葉と満面の笑顔(ダメ出しも頂きましたが)。
後者は法的な検査のために0.5時間ほど訪れた検査官の横柄な態度と汚い言葉。

細かい変更や行き違いはあるにせよ、少なくとも検査官貴殿の1000倍は(時間的にね)、
この家がより良くなるように悶々と考えてたくさんの人たちとやり取りしてきて今日がある。
にもかかわらずにゃんだその言い草は。年齢的には人生の大大先輩ではあるけれども
ああいう風にはなりたくない、いやならないようにしなければと学ばさせていただきました。

まぁ、そんなクダラナイ嫌な事はとりあえず明後日の方向に投げ捨てといて。
握手したあの時の手のひらの感触とお施主さんの表情は深く僕の心に刻み込まれた訳なので。
そんなステキで嬉しい瞬間を胸に、僕はもっともっとこのステキな仕事を楽しむぞ、
とそんなことを思ったのでした。

写真は汗かいてキラキラでブツブツの金曜日の夜の友。
d0016019_1225468.jpg

[PR]
# by chikao_may1st | 2012-07-28 00:49 | project

OPEN HOUSE!!

現在現場鋭意進行中の戸建て住宅。お施主さんのご厚意により完成見学会を開催させていただくことになりました。来週末の土日です。南部へのドライブがてらいかがでしょうか。見学会の後は南部に下って、東廻りなら玉泉洞、奥武島、天ぷら、斎場御嶽などなど。西回りなら平和記念公園、あしびなー、ショッピングなどなど。ぜひぜひお気軽に、いつものようにフラ〜っとどうぞ。みなさまのお越しをお待ちしております。詳細はこちらです。
d0016019_11355419.jpg
画像は今回見学会の行われる住宅の個人的なイメージです。
色とりどりで楽しいオウチですよ。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-07-21 11:46 | etc

夢〜それはドリーム

おはようございます。あれ以来久々に夢をみました。
案外みないものなんですね夢って。もっと頻繁にいろんな夢をみてると思ってたな。
しかし今回のは夢というより、いつも頭の中でフワフワ考えていることの続きのような内容。

新築住宅の見学会が開かれている様子。
主催しているのかお邪魔してるのかはあやふやなんだけど、
「あー、あそこのおさまりはこうした方が」とか
「ここのプロポーションはああした方が」とか
「これは素材をもっと検討した方が」とか考えてる。
んでシーンは事務所のような教室のような場面になって、
何らかの先輩らしき人に件の見学会の建築についてあーだこーだ話してる。
すると先輩が「何処何処の誰々知ってる?あいつのプロポーションの取り方、
とても上手いんだよなぁ」
「マジっすか(誰それ?ノーマークだったな,,,)」
「あいつたまにココに遊びにくるよ君がいない時に」
「マジっすか(よし、さりげなく机の上にラフスケッチでも置いといてアピろう)」
というところで、お目覚めです。

この夢については夢占いは必要ありません(笑)。
何にも置き換えられてないので直訳できます。
まとめると「あぁ建築は楽しいなぁ」な、
夢〜それはドリーム、でした。
夢なのでオチはありません。
あしからず。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-07-14 06:25 | etc

おはようございます。ついさっき、朝方見た夢のメモ

どこかの大学の文化祭のような催事でこちらは観客。
数人でアジアの民俗芸能でやるような長細い太鼓を打ち鳴らしてて、
観客の自分にも太鼓が手渡されたので一緒に叩いてノリノリで。
んでふと気付くと太鼓の中からカラカラ音がしてるから手元を見たら
太鼓じゃなくて細長い壷みたいな入れ物に変わってて。
カラカラ音が鳴る原因は何だろうかと中を覗いてみたら、
壷の中で窮屈そうに血色の良いミイラ状の女の人が体育座りしてた。。。
ぬおっ!っつってめちゃくちゃビビったんだけど演目が終るまで叩き続けてた。
団員さんに太鼓壷を返す時に「あのぅ、この壷の中、、、」すると女性が
「私の姉です。2003年につい出来心で入ってしまって出れなくなって、
あれからずっと。。。」そして僕は「えーっ!出してあげましょうよっ」

っていうやり取りの最中に目が覚めました。
夢占いにお詳しい方がいましたら是非判定をお願いします。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-07-04 06:58 | etc

ぶらぶーら

ひさびさに中村家へぶらぶーら。
d0016019_1394912.jpg
d0016019_140333.jpg
d0016019_1401628.jpg

陰の部分の居心地と、その先の光の眩しさと、境目をつなぐゆるい風。
たまらんね。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-06-18 01:11 | weekend

食感はゴシコシとして美味でしたよ。

産まれて初めて亀食べた。ウミガメ。
捌いたひと曰く、涙を流していたと。
そんなエピソードやめてよと思った。
真意はさて置き美味しく頂きました。
これは人生の記録になるなと思って。
あやかって長生きしちゃうのかねぇ。
ちょっとHな仙人になれるのかいな。
滋養強壮たっぷり付いたことですし、
年老いてからの楽しみも出来たので、
ますますえんやこーら頑張りますよ。
ではまたん。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-06-03 01:24 | foods

4/20〜5/20?

4月末はOMAR BOOKSさんにて牡牛座についてのお勉強会に参加。
建築=仕事の話は置いていこうと思ったんだけどそうもいかず、
思いがけずシマコさん経由で素敵な言葉を頂きました。
「図面は手紙、寸法線は愛」であると。
大切にしたい言葉がまたひとつ増えました。

GW前半、奇跡的に晴れて瀬長島でBBQを堪能。
誕生日もお祝いして頂いて感謝感謝ですありがとう。
GW後半ようやく外に出て田中一村展を観てきました。
素晴し過ぎて敵わない。これこそまさに素敵である、な。
次回は是非奄美で観ようと思う。
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-05-07 01:12 | etc

おー。

d0016019_12521278.jpg

最高の天気だ。
てことで外でランチ。
ほぼプライベートパーク(笑)

しかし最近の遊具はカッコいいね。
うんていがアグレッシブ。
午後からは活発にいきますか…
いゃまぁ、じっくりゆっくりと。
----

Sent from my iPhone
[PR]
# by chikao_may1st | 2012-04-27 12:52

想思樹の黄色い花が咲きはじめ

正午の時報とともに外に出て
5分歩いて公園のいつもの場所に腰掛けて
久々の青空見ながら弁当突つく。
我ながら美味し、そして心地よし。

何故かしらこの公園は蘇鉄がたくさん植わってて
金色の産毛でふさふさの朱色のその実をいくつか採取。
植えたら芽が出るのかね。ちょっと調べて試してみます。

ここ最近は公園の植栽に関わる仕事っていいよなぁと。
芝生だけだった広場に大木+円形ベンチが設置されてたり
(おー、これがあるのと無いのとでは全く雰囲気が違うなぁいいね)、
いつの間にかタイワンフウが伐採されて代わりにサクラが植えられてたり
(お気に入りだったのに、、、桜は風で折れてるし)、
西表島の山奥で見たサキシマスオウノキがぽつんと植えられてたり
(自生はないからきっと誰かが植えてるよねぇいいねぇ)。
公園いいよなー。公園で食べるお弁当もいいよなー。期間限定だけど。

んでちょっと寄り道してホームセンターの園芸コーナーへ。
花の苗見て観葉植物見て、買うモノ無し、見るだけ、お邪魔しました。
それから事務所に戻ったらちょうど13時。
素晴しきお昼のお散歩ランチ公園散策目の保養コース。

そして午後からは特命で頂いた集合住宅のプレゼン。
これまでの案を一旦白紙に戻して新たに別案を提案。
結果とっても喜んでもらえたし、
自信を持って提案できたことがこちらも嬉しい気持ち。
順調に進むといいな、いや進めますとも。

週末は宮古島にて配筋検査と棟上げの予定。
仕上工事にさしかかるサヴィニャックハウス?も気合いを入れねばな。
そんなこんなで今日はたいそうステキングな一日でした。
おてんとさま、ありがとうごぜーましたー。
d0016019_04688.jpg

[PR]
# by chikao_may1st | 2012-04-18 00:13 | etc